亜鉛にはアルコールを分解する働きがある

亜鉛はアルコールを摂取した時に分解を促すにも関わっていて、亜鉛が不足するとアルコール分解の機能にも影響を与える事になります。アルコールを飲むと、アルコールを分解する為に亜鉛が多量に消費される事になります。

亜鉛は様々な酵素の材料となる

一般的に、アルコールは肝臓で分解されて、毒素は体外に排出されますが、これはアルコール脱水素酵素と、アルデヒド脱水素酵素という酵素の力で行われています。亜鉛にはこれらの酵素に働きかけて、アルコールを分解することにも関与しています。

アルコール分解を行うには、脱水素酵素の方が必要不可欠ですが、亜鉛はこの酵素の材料となるだけでなく、様々な酵素の材料となるので、不足身体中で酵素不足が発生してしまいます。アルコールを分解するには亜鉛が使われるので、お酒を飲む席では、いつも以上に亜鉛を積極的に摂取するよう、心がける必要があります。

アルコールが亜鉛を減少させる?

お酒に強い人はアルコール分解酵素を、普通の人よりも多く持っています。実は、このアルコール脱水酵素というのは、亜鉛がないと働くことができないのです。この為、亜鉛が不足していると、酔いやすくなったり二日酔いを起こしやすくなります。

お酒をたくさん飲むと、アルコール脱水酵素がたくさん必要になって、亜鉛が不足していきます。お酒を頻繁に飲んでいる人は、慢性的な亜鉛不足にならないように、普段から食事に気をつけて積極的な亜鉛の摂取をおこない、おつまみではなるべく亜鉛を含んでいる物を食べるようにしましょう。

お酒と亜鉛の関係

お酒好きの人の中でも、特にお酒の強い人というのは、いくら飲んでも平気な顔をしています。彼らは長時間飲んでいても顔色一つ変わりません。

しかし最近こんなせりふを聞くようになりました「最近、すっかりお酒に弱くなった」年をとるに従い、普通の人はお酒にも弱くなるのです。しかし、もともと強かった人が急に酔いやすくなったり、お酒が次の日までなかなか抜けなかったりするときは、亜鉛不足を疑ってみるべきです。

体内に入ったアルコールは肝臓に運ばれて分解されますが、そのときに酵素が使われます。これをアルコール脱水酵素といいますが、お酒に強い人はこの酵素をたくさん持っています。たくさんお酒を飲んでも、アルコール脱水酵素がすぐにアルコールを分解してくれるのでなかなか酔いません。

白色人種がお酒に強いのは生まれつきアルコール脱水酵素をたくさん持っているからで、黄色人種は比較的少ないのです。

実は、このアルコール脱水酵素というのは、亜鉛がないと働くことができないのです。ですから亜鉛が不足すると酔いやすくなり、また二日酔いにもなりやすくなります。もともとお酒に強かったのに、最近どうも弱くなった。そんな人は亜鉛不足の可能性が十分にあります。

また、お酒をたくさん飲むと、アルコール脱水酵素と共に体内の亜鉛もたくさん使うことになるので、亜鉛不足になりがちです。お酒を良く飲む人は、ふだんから亜鉛不足にならないように食事に気をつけると同時に、お酒を飲むときは亜鉛を十分に摂取することが大切です。

http://www.visera.com/main/aen200218.html

この様に、アルコールを分解する作用があることから、二日酔いの抑制にも効果があるとされています。

二日酔いを防ぐ効果

亜鉛は、お酒などを飲んだ後、体内でアルコールを分解する時に必要なアルコール脱水素酵素が働くために、必要不可欠な栄養素です。アルコールの分解がうまくいかないことで、二日酔いや肥満の原因となります。お酒をよく飲む人は、意識して亜鉛を摂取する必要があります。

http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/zinc-zn/

ただし、勘違いしてほしくない点として、亜鉛を摂取したからといって「お酒を無制限に、好きなだけ飲んでも大丈夫」というわけではありません。

「酒は百薬の長」と言われているように、適量であれば健康にも良いとされています。しかし度の過ぎた飲酒は、肝臓をはじめとして、身体の様々な部位に影響を及ぼします。

痛風の原因にもなると言われていますので、飲酒を嗜んでいる人は、亜鉛の作用に期待し過ぎないように気をつけて下さい。

関連記事:痛風による膝の痛みと原因について【予防・解決法は?】

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)