亜鉛の効果・効能・副作用と関連成分について

亜鉛は健康に関係するミネラルとして非常に注目されています。現代の日本人は、玄米や新鮮な野菜を食べることが少なく、加工食品を中心に食べる事が増えているので、炭水化物や脂質、たんぱく質は十分に摂取していても、身体に必要な栄養素であるミネラルやビタミンは慢性的に不足していると言われています。

亜鉛は必須ミネラルの一つ

ミネラルの1つである亜鉛は、1日あたり15mgの摂取が理想とされていますが、実際は10mgにも到達していないのが現状です。亜鉛は美肌やつやのある髪に必要とされ、子供の成長や、老年期の認知力の低下を防いだり、不妊防止などの様々な効果が期待されています。

亜鉛は、遺伝子の情報からタンパク質合成や細胞分裂を促し、身体の健康な状態をコントロールする重要な役割があります。亜鉛は人体の4%を占めるとされるミネラルのうち、ごく微量しか存在しませんが、成長や生命活動に深く関係しており、決して亜鉛が不足している状態を軽視して行けないのです。

亜鉛は300近い酵素と結合して、体内でエネルギーを作ったり、神経を伝達したりと、いった働きを持ちます。神経伝達や細胞分裂、また免疫機能なども、酵素の働きによって行われ、酵素は亜鉛がないと働くことができません。

亜鉛不足を解消して暮らしを豊かに

また、近年はキレやすい人が多いとされていますが、イライラの防止に働くとされるカルシウムは、亜鉛の働きで脳に運ばれ、精神を安定させる効果を示します。

亜鉛が不足していると、カルシウムがあっても十分に効果を発揮できず、慢性的な亜鉛不足によって、キレやすい人が増加する傾向にあるとされています。他にも、亜鉛は皮膚の薬としても、昔から使われており、亜鉛の重要性は栄養素としてだけでなく、工業的な利用でも判明しています。

亜鉛はもともと、体内に吸収され難く、効果的に摂取することが求められます。また、亜鉛は吸収を阻害されやすいという性質があるので、亜鉛を吸収するにはどうしたらいいか、どうしたら亜鉛不足が解消できるかを知り、健康的な生活を送るようにしましょう。

亜鉛の副作用について

生きるためには欠かせない栄養素である亜鉛ですが、もちろん過剰摂取による副作用も報告されています。そこまで重篤な副作用は無いとされていますが、それでも摂り過ぎによって身体に不調をきたす可能性は0ではありません。

亜鉛の副作用については、別ページで解説していますので、そちらをご覧ください。

関連記事:亜鉛の副作用について

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)