亜鉛には精神を安定させる作用がある

亜鉛は、生命活動の維持に必要不可欠であり、細胞の代謝にも不可欠です。この為、亜鉛は、美肌にも効果があるとされ、注目されています。現在は、あまり知られていませんが、亜鉛には精神を安定させる作用があります。

亜鉛不足で神経に乱れ?

脳の神経伝達物質は亜鉛によって合成されるので、亜鉛が不足すると神経伝達物質が充分に合成されず、神経が乱れやすくなります。神経成分は。神経伝達を円滑にし、心を安定させます。

亜鉛は体で合成されないだけでなく、吸収されにくい栄養素なので、現代人は亜鉛が慢性的に不足しています。また、ストレスを受けると亜鉛は、大量に消費される事になるので、ますます亜鉛不足が加速することになります。

特に、ダイエットで食事制限によって栄養素を極端に減らしていたり、インスタント食品中心の偏った食生活を送っていると、亜鉛不足は深刻化していきます。

亜鉛と脳の密接な関係

亜鉛は脳の神経伝達物質を合成するのに必要な成分なので、亜鉛があ充分にあれば神経伝達物質がスムーズに行われ、感情の起伏が激しくなる事もありません。

また、亜鉛が不足すると神経の伝達が上手く行われなくなり、記憶力も低下するとされています。

亜鉛には精神安定の作用と、学習能力を向上させる働きがあるので、勉強中の人などは、亜鉛を接取すれば記憶力が上がって、勉強によるイライラも解消することが出来ます。

人はストレスを感じると、肝臓でストレス物質が多く生成されて、亜鉛が大量に消費されてしまうので、亜鉛を摂取してストレスを解消していく事が必用です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)