亜鉛には肌を若く保つ働きがある

亜鉛は男性の生殖機能を高めることから、男性に積極的な摂取が求められる事が多いですが、女性も亜鉛摂取は積極的に行うべきです。亜鉛には、美しさを保つための効果があり、亜鉛が不足するとニキビなどの肌荒れを起こしやすくなるとされています。

特に、亜鉛の不足は爪の弱化を引き越しやすく、爪が割れやすくなるといった症状がみられます。亜鉛はタンパク質の生成に関わっており、亜鉛不足は充分なタンパク質が作られなくなってしまいます。タンパク質は肌を始め、爪や髪などの細胞の元となります。

亜鉛が充分に体内にあれば、タンパク質の代謝がスムーズに行われ、古い細胞は新しく生まれ変わる事が出きるようになります。特に、肌の皮膚細胞は、新陳代謝が充分に行われないと、肌が硬くなってしわなどが出来やすくなります。また、ニキビ等の肌荒れが起きやすく、古い角質が残って、肌の乾燥などが目立ち、肌の老化が進んでしまいます。

また、亜鉛にはかゆみのもととされるヒスタミンの生成にも関連があり、亜鉛はアトピーなどの肌疾患の症状を抑えるとされています。ニキビが出来やすい人は、慢性的な亜鉛不足である事がわかっており、亜鉛の充分な摂取は肌のトラブルを解決する効果がある事がわかります。

爪や毛髪もタンパク質で出来ているので、亜鉛が不足するとタンパク質の合成がうまくいかず、爪が割れたり、白斑ができたりします。また、毛髪も亜鉛が不足すると、乾燥したり抜け毛が激しくなったりします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)